愛媛県山岳連盟について

お礼のあいさつ

えひめ国体 山岳競技本大会

第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の山岳競技大会は、「君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え」のスローガンのもと、西日本最高峰石鎚山の麓、西条市の西部公園内の「石鎚クライミングパークSAIJO」にて、多くの感動と爽やかな思い出を残して、無事その幕を閉じました。一番心配していた天候も、中日に少し崩れて雨模様になりましたが、競技運営に支障をきたすほどではなく、全競技を終えることが出来ました。これも皆様の国体に対する熱い思いが天に通じたものと思います。

全国から郷土の代表として参加されました選手・監督並びに応援者の皆様、えひめ国体の感想はどうでしたか。「愛媛のおもてなし」を合言葉に大会運営を心掛けてきましたが、ご満足頂けたでしょうか。最高のパフォーマンスと熱い応援ありがとうございました。

今回の大会は愛媛県山岳連盟の歴史にとっても、愛媛県代表選手の活躍で画期的ものになり、大会運営の経験とともに忘れることの出来ないものとなりました。特に、成年男子リード競技で徳永潤一君・清水裕登君ペアが優勝してしまいました。また、少年男子リード競技でも井上遼君・高村圭吾君ペアが岩手国体に続く連続6位入賞を果たしました。これには選手だけでなく競技役員も、今までの努力のご褒美の賜物だと歓喜しました。

さて、今回はスポーツクライミングが2020年東京オリンピックの正式種目となることが決定し、協会名も「公益社団法人山岳・スポーツクライミング協会」と名称を変更して初めての大会となり、色々な意味で注目される大会になりました。国内外で活躍される選手たちを中心とした最高のパフォーマンスを間近で観ることができたこと、本当に多くの観戦者が訪れ、最後まで温かい応援を頂いたこと、マスコミ関係者の熱い取材が見られたこと等過去最高の盛り上がりを見せた大会でなかったかと思います。愛媛国体で活躍された皆様のなかから東京オリンピックへ大きく羽ばたく選手が生まれることが夢でなくなった気がしました。

最後になりましたが、愛媛大会開催にあたり多大なご支援、ご協力を賜りました愛媛県、西条市、公益財団法人愛媛県体育協会をはじめとする各種団体、公益社団法人山岳・スポーツクライミング協会、競技・運営役員、競技補助員及び多くのボランティア協力者の皆様方に心から感謝を申し上げますとともに、選手・監督の皆様の今後のご活躍をご祈念し、お礼のごあいさつと致します。

会長あいさつ

会長:峯本 典寛

愛媛県山岳連盟は今年で69周年を迎えることができました。これもひとえに、加盟団体、支援団体の皆様の並々ならぬご厚情の賜物と心から感謝しております。

山岳連盟の使命は、登山の普及発展、自然保護、登山道の整備、山岳に関する文化の保護・育成、遭難防止・救助活動、山岳スポーツの普及発展等を先頭になって推進することを通じて、自然への畏敬、自然との共生、スポーツクライミングの楽しさを次世代へ伝承することだと確信しています。加盟団体、支援団体、登山愛好者、スポーツクライミング愛好者の皆様方には、今後とも変わらぬご指導、ご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

さて、山岳連盟の原点は登山でありますが、今年度開催された「えひめ国体山岳競技大会」を契機としてスポーツクライミングの普及発展にも傾注し、この両輪のもとで進んでいきたいと思います。

平成26年にオープンした「日本一美しい山のトイレ」を目指す「石鎚山公衆トイレ休憩所」、西条市のご努力で今年度に新設される瓶ヶ森ヒュッテ跡地の「避難小屋・トイレ」、また、えひめ国体山岳競技会場で常設施設として残して頂く「石鎚クライミングパークSAIJO」等関係者の皆様の温かい思いが通じて徐々にではありますが、登山およびスポーツクライミング環境も良くなってきていると心より喜んでいます。このご支援に感謝するとともに、これに応えるよう努力して行かなければと思っているところです。

その一方で、中高年の登山が大変盛んになっていることは喜ばしいことですが、逆に登山を志す若者が激減している事は誠に寂しい限りです。高校登山部員は減少し続け、大学には山岳部すらない現状に憂慮しています。スポーツクライミングと登山とが融合した若者を育てる組織ができないかと夢を見ています。

また、山での遭難も増加しています。特に、インターネット情報を鵜呑みにして、自分たちの能力以上のルートを選択したり、携帯電話を過度に利用して、安易に救助要請をしたりするケースが急増しているそうです。自分の登山能力を過信せず、なるべく単独行を避けて、しっかりしたリーダーの下で山登りを楽しんで欲しいと願っています。山岳連盟としても、指導者の養成、安全登山教室等も開催していますので是非ご参加下さい。

最後に、平成28年から8月11日が国民の祝日「山の日」に制定されたのを記念して、昨年は「石鎚山」、今年は「瓶ヶ森」で親子登山を開催しました。大変好評でしたので、今後も継続して実施する予定です。子供たちに「故郷の山を知り、親しみ、感謝する心」を伝えて行きたいと思っています。是非ご参加下さい。

山岳連盟では、今後も時代に合った運営を目指して行きたいと思っていますので、皆様方のご支援、ご協力をよろしくお願い致します。

平成29年11月吉日

目的・歩み

(1)目的

愛媛県山岳連盟は、登山の普及発展、スポーツクライミングの普及発展、自然保護、登山道の整備、山岳に関する文化の保護・育成、遭難防止・救助活動等を先頭になって推進し、県民の保健体育に貢献することを目的としています。

あわせて日本山岳・スポーツクライミング協会からの指導及び加盟団体、四国山岳連盟との交流を図りながら、登山技術、スポーツクライミング技術の向上にも取り組んでいます。

(2)歩み

愛媛県山岳連盟は、戦後間もない昭和23年3月に北川淳一郎氏や松長晴利氏らのご尽力により、「愛媛山の会」として結成され、その後昭和24年4月に公益財団法人愛媛県体育協会に加盟、翌25年7月に「愛媛県山岳連盟」と改称して組織を整備し、今年で設立69年目を迎えます。また、昭和35年4月に公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会が発足したのを機に加盟し、その地方組織として活動しています。

体制図

体制図

組織図

組織図

委員会

委員会名 活動内容
指導委員会
  1. 安全登山の指導
  2. 各種指導者の育成・検定
  3. 指導者登録・管理
競技委員会
  1. 各種山岳スポーツ競技会の開催・運営
  2. 派遣選手等の技術指導、育成強化
  3. 国民体育大会の派遣選手選考
  4. 審判員等の研修開催
  5. 国体強化選手の競技力向上
遭難対策委員会
  1. 山岳遭難時の救助技術研修と救助組織・運営の構築
  2. 愛媛県警察や地域団体との連携
  3. 山岳遭難の予防と対策
海外登山委員会
  1. 海外登山技術研究会の参加や研修
  2. 海外登山を安全に遂行するための啓発
自然保護委員会
  1. 山岳地域の自然保護についての研修・指導
  2. 清掃登山の企画
ハイキング運営委員会
  1. 県民ハイキングの運営、実施
  2. 「山の日」親子登山の実施
  3. 個人会員の勧誘・管理
  4. 山岳共済保険の普及・管理

加盟状況

(1)加盟状況

現在の加盟団体は、大学関係2団体、一般社会人5団体、高体連登山部顧問・OB山の会1団体の合計8団体(約270名)と高等学校体育連盟登山専門部(学校:9校、部員数:72名、教員数:18名)及び個人会員・家族会員約60名で構成されています。

(2)加盟団体名

団体名 代表者
RSCG(赤蠍攀破衆) 会長 土居 宏
峰影山岳会 会長 吉田 隆幸
宇和島山岳会 会長 西田 六助
EFCC(愛媛フリークライミングクラブ) 会長 德永 信文
えひめ山の会 会長 山木 隆夫
高体連登山部顧問・OB山の会 会長 宇和 孝
愛媛大学山岳会 会長 梶原 勇機
松山大学山岳会 会長 峯本 典寛
高等学校体育連盟登山専門部および登山部生徒 専門委員長 河野 幸次
個人会員 ハイキング委員長 渡部 孔三

ページの先頭へ